読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beerhole’s blog

ウェブデザインを中心とした雑記。自分用のメモ。音楽と美味しいもの、ライフスタイルについても少々。

そば屋のラーメンをめぐる冒険

f:id:beerhole:20170518225520j:plain

そば屋のラーメンについて語るには、まず山形の水車生そばの鳥中華から話さないといけない。きっかけはブルータスのお取り寄せ特集。ただの直感だが「鳥中華」というワードが実に刺さった。文字を目にした瞬間から食べたくなった。もしかしたらそれは幼い頃大好きだったハウス本中華醬という即席麺のせいかもしれない。

創業1861年の老舗の蕎麦屋である水車生そば。鳥中華自体の歴史は浅く20年程度のようだ。元々はまかない食としての裏メニューで、麺は中華そばだがスープはそばに使う和風だし、具は鶏肉・天かす・のりを使って、さらにこしょうが効いている。

f:id:beerhole:20160306123234j:plain

水車生そばの鳥中華 700円

ずっと気になりながらも、取り寄せるタイミングを逸していたので、山形へ旅行した際に実際に食べに行った。3階建てで席数はかなり多いが、周りを見渡してもほとんどの人が鳥中華を食べている。裏メニューの表化現象。味の方だが、そばの和風だしだからどうかというより、山形の料理は軒並みほんのり甘い。本来自分の好きな味ではないけど、なんだか美味い。なんとも言えない味がクセになるのだ。

 

それから、鳥中華を調べてみると、色んな店でやっているではないか。山形では板そば、冷たい肉そば、に並んで鳥中華も立派な名物であった。蕎麦屋のラーメンが定着しているのだ。いつも山形へ行った際に立ち寄る「つるよしそば」でも見渡すとラーメンを食べている人がちらほら。本来蕎麦屋では蕎麦を食べるべきだと思っていた自分にはカルチャーショックだった。看板メニュー以外の商品が美味しいわけないと思っていたからだ。さっそく中華そばを頼んでみた。

f:id:beerhole:20160305133811j:plain

つるよしそばのラーメン 600円

う、うまい、、、!素朴な味ながらも完成されている。

そこから自分の「蕎麦屋のラーメン」ブームに火がつく。だが東京には数えるくらいしかめぼしいお店がなかった。いくつかオススメを列挙する。

 

新宿御苑 / 四谷更科

f:id:beerhole:20160823130507j:plain

Cセット(中華そば+ミニカレー) 945円

たまたま会社から比較的近かったから頻繁に行くようになった。ここは山形そばは関係ない。石神先生おすすめのお店らしい。このお店も中華そばを食べている人が多い。豚コマの入ったカレーとのセットが最高だ。なんとも言えない懐かしい味。そこまで感動しないけど、たまに食べたくなるのだ。

 

西新宿 / 肉そば屋梟

f:id:beerhole:20170518130344j:plain

冷たい肉中華 680円

f:id:beerhole:20170518124516j:plain

不便な場所にあるのが残念だが、東京で食べれる鳥中華では個人的にナンバーワンだと思っている。かなりレベルの高い味。もちろん冷たい肉そばも美味い。当然こしょうをかけて食べるのだった。常連化の予感。

 

神田 / 河北や

f:id:beerhole:20170511153949j:plain

鳥中華 580円

f:id:beerhole:20170518222402j:plain

冷やし肉そば 400円

f:id:beerhole:20170511152051j:plain

そば屋というより山形そばを看板にした大衆居酒屋。場末感はすごいが、とにかくコスパがいい。鳥中華580円。肉そば400円。山形そばが恋しくなったらすぐに行けばいい。

 

ちなみに個人的に終の住みかは山形の天童市がいいと思っている。ここにミース・ファン・デル・ローエのファンズワース邸のような家を建てるのが夢だ。

調べてみると山形県はラーメン(外食)の消費量が日本一だ。たしかに米沢には赤湯からみそラーメンがある。新庄にはとりもつラーメンがある。酒田にはけんちゃんラーメンがある。そして冷やしラーメンがある。もちろん鳥中華もある。

あとは天童市の水車生そばに行ったときに感じたのだが、ここはモダンな家が多いような気がする。天童木工の自由に出入り出来るショールームがあるのも関係しているのかもしれない。柳宗理と曲木の優れたプロダクトに小さい頃から触れて、北欧の若者みたいに初任給でいい椅子を買ったりするような文化が根付いているのかな、なんて思ったりして。

ジョナサン・アイブの本から学ぶデザイナーのキャリアパスについて

f:id:beerhole:20170414064943j:plain

ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」を読んだ。

私がアップルを好きになったきっかけは、タンジェリンのG3である。つまり、スティーブ・ジョブズとジョナサン・アイブのコンビによるプロダクトがきっかけなのだ。なので本書が発売されるとすぐに買ったものの、デザインから遠ざかっている時期ということもあり、しばらく読んでいなかった。いまデザイン思考の流れも含めて気持ちが、デザインについて向き合っているので改めて読んでみた。

 

ジョナサン・アイブ自身は本質的にはインダストリアルデザイナーだが、デザイナー全般のキャリアパスを考えさせられる一冊だった。
インダストリアルデザイナーかどうかは大した問題ではない。産業革命もアーツアンドクラフツ運動も発祥のイギリスで、あの時代に生まれてデザイナーを目指すならばインダストリアルデザイナーを志すのがポピュラーだ。むしろ、ジョナサン・アイブの才能が最大限発揮されたのはiOS7のタイミング、ハードウェアとソフトウェアの両方をみるようになってからだと思う。もし今ジョナサンアイブがデザインの学生であるならば、ソフトウェアのUIデザイナーになっているかもしれない。


さて、ジョニーアイブ自身は非常にエリートすぎて、とてもじゃないけど共感を持てる経歴では決してなかった。銀細工職人であり工芸の教師でもある父を持ち、高校生の頃からデザインコンペで賞を取りはじめデザイン業界で注目され、イギリスの工業デザイン分野の名門大学へ特待生的に入学し、大学の初日がデザインコンペの授賞式とカブって欠席してしまう、というような超がつくエリートである。卒業後の彼の経歴は

 

(1) イギリスを代表するデザイン事務所、ロバーツウィーバーグループ(RWG)へ入社 →
(2) タンジェリンというデザインコンサルティングファームへ3人目のパートナーとして参画 →
(3) Appleへ入社

 

となる。(1)から(2)への転職はシンプルな話で、当時のイギリスの経済状況もあり会社の経営が芳しくなく、ジョニーのマーケットの評価に対して、会社が応えられていなかった、というもの。あとは若干の上流工程へスイッチしたい想いがあったのかもしれない。(2)のときに関しては彼は経営者でもあったので、営業をしなければいけなかったのだが、本来はデザインに没頭したかったのと、あとはこのように書かれている。

 

「部外者は製品開発を根本から変えられないし、真のイノベーションを起こすのは難しい」とジョニーは言う。ほとんどの場合、契約を結ぶ前に社内で重要な決断の多くは下されている。全く新しいことを行うには、組織内部で劇的な変化を起こさなければならない」

 

この点については非常に共感できる。私も同様に受託制作では出来ることが限られてしまうと考えて、制作プロダクションから事業を行っているベンチャーに転職したのだ。そして現在も事業会社にいる。

 

他にもふたつの、示唆に富んだ内容があった

 

a) ジョニー・アイブのすごさももちろんだが、とにかくスティーブジョブズのすごさが際立っていた。デザイナーが輝けるかどうかは働く経営者の哲学や思想との相性が大きいと思う。スティーブ・ジョブズのような優れた審美眼と品質へのあくなきこだわりを持った経営者に恵まれるかどうか。共に働く経営者選びは非常に重要である。

 

b) ジョニーをアップルへ誘ったブルーナーは元々デザイン責任者としてアップルから誘われた際に、社内にデザイン組織がないという理由で2度断っている。「自社でモノをデザインしない企業では働きたくなかった」と本書で語っている。結局彼はアップルに対して「社内に本物の卓越したデザインスタジオを持つべきだ」と提言し、入社後時間はかかったが、大企業の中にありながら、小規模で、優秀で、スピードがあって、才能にあふれ、豊かな文化のある組織を環境を作っていき、ジョニーのような優秀な人材をヘッドハンティングしていった。自分の力を最大限に発揮出来る環境を作ることが非常に重要である。

 

自分がどの部分でデザインに関わりたいのか。何を求められているか。どうゆう環境を作れるか。少ない情報から知りながら、自分にフィットしたキャリアを考えていくしかない。考えていきたい。

 

あとは、彼がジャスパー・モリソンやディーター・ラムスを好きなところは、私も大好きなので、だからジョニー・アイブのデザインも好きなんだな。と思ったり。

 

最後に、やはり彼の最大の功績はこれだと思う。

 

ジェリービーン色のiMacが発売されると、同じスタイルの雑多な製品があとに続きました。6種のジェリービーンカラーのホチキスなんかもありました。iMacのおかげで消費者がそれまでになくデザインに敏感になったのです。おそらくそれが一番大きな変化でしょう。今ではだれもがいいデザインを期待します。

 

「人を動かす」と言われたら、カーネギー?それとも矢沢永吉?コミュニケーション戦略もあるよ。

f:id:beerhole:20170427162547j:plain

会社の人に勧められて、手書きの戦略論「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略(磯部光毅氏著)を読んだ。「人を動かす」と言われると、カーネギー矢沢永吉を思い出す。矢沢永吉は「成りあがり」にて、高校一年のとき、キャバレーの社長から渡されたカーネギーの「人を動かす」を10回以上読んでいた、というエピソードを書いている。関係ないけど、自分も早くもう一つの人格が許してくれないような境地に達したい。「俺はいいけどYOKOYAMAがなんて言うかな?」という具合に。

 

さて、本書はコミュニケーション戦略と言っているが、いわゆる広告代理店周辺のマーケター/プランナーの世界におけるマーケティング戦略論だと認識している。

自分の感覚では、日本におけるマーケターは職位にもよるが、領域が限定的で専門性が高い仕事が比較的多いと思う。故にその領域に特化した具体的なテクニック論の本はたくさんあるし、古典の辞典のような本もたくさんある。だけど周辺の人(※1)がマーケティングをわかりやすく理解する為の本は少ない。

(※コトラー先生曰く、マーケティングとは経営そのもの、という言葉が表しているように様々なビジネスの戦略に関わる人はもちろん、クリエーティブは当然、広義なマーケティング活動の一部に包括されるし、ITは、そのものだけで活かされるものではない。)

 

本書は、広く横断的に、しかもわかりやすく伝えている。非常に勉強になった。手書きのイラストがハードルを下げていて、よりいい。

難しいことを、シンプルにかんたんに語るのが、一番素晴らしい。難しいことを難しく語るのは最低だ。簡単なことを難しく語るのはファックだ。

f:id:beerhole:20170427162747j:plain

それぞれの戦略に思想と強み弱みがある。歴史から語ることにより、思想を伝える。7つの流派にわかれているが、どれも正しい。どれか一つを選んだり、どれが正しいかでは無く、組み合わせ方や横断した戦略が大切。戦略の統合が人を動かす。ということらしい。以下、7つの戦略

 

  1. ポジショニング論:「違い」が、人を動かす。
  2. ブランド論:「らしさ」の記憶が、人を動かす。
  3. アカウントプランニング論:「深層心理」が、人を動かす。
  4. ダイレクト論:「反応」の喚起が、人を動かす。
  5. IMC論:「接点」の統合が、人を動かす。
  6. エンゲージメント論:「関与」が、人を動かす。
  7. クチコミ論:情報の「人づて」が、人を動かす。

それぞれの戦略については、ぜひ読んでもらいたい。とりあえずマーケティングの概要については、コトラー先生のマーケティグコンセプトと本書の2冊があればよい。そのくらい良い本だと思う。

f:id:beerhole:20170427162902j:plain

ネット広告の進化についても図解があるのが嬉しい。

 

自分の会社に置き換えて考えると、小売の事業会社側なので、色々思うことが溢れてくる。宣伝の部門は、生まれとしては日々の商売の販促の側面が強い。そしてWEBマーケティングのチームもECの広告の流れで担当が作られた経緯があるので、どちらもダイレクト論(ダイレクトマーケティング)であり、顕在客向けのインサイドアウト型がほとんどなのだ。

一般客向けのアウトサイドインの思考が非常に弱く、非常にバランスが悪い。既存客の高齢化が進む中で、どうバランスを変えていくか、は重要な課題である。

 

この先どうするか、何をすべきか

最後にまとめとして「戦略をどう作っていくか」「戦略をどう進化させていくか」という二つの軸で、本来のターゲット読者であるマーケター/プランナーに向けて語っている。

戦略をどう作っていくか:

7つの戦略の組み合わせをベースに、最新のメディアやテクノロジー、データも活用しながら、新しいコミュニケーションモデルを発明していく

戦略をどう進化させていくか:

コミュニケーション環境において、インターネットとデジタルテクノロジーが、ブランドと生活者の関係性を革新していく。さまざまな領域において境目がなくなり、すべてがつながっていく。キーワードはシームレス化。

 

ビジネスの人だってクリエイティブの人だって、ITの人だって、生活者に向いているんだから、誰に取ってもシームレス化は不可避。楽しい世の中になってきた。自分が最近インターネットを強く意識したり周囲に発信しているのはつながること、シームレス化を強く感じれるから。よい時代に生まれて本当にラッキーだと思う。

東池袋大勝軒 山岸一雄氏とラーメン界のマッキンゼーの話

f:id:beerhole:20170305090850j:plain

中華蕎麦 とみ田

少し前にTwitterで話題になっていたトピックで、すきやばし次郎で卵焼きを作らせてもらえるようになるまで10年かかるという話があって、卵焼きすら焼かせてもらえないなら人件費はたかが知れているので、人件費をどんどん原価へぶっこめる故に、味の決め手は老舗ブランド確立からの奴隷制度、という話になっていた。

ブランド老舗はそれこそがたった一つの資産なので、修行完了まで20年以上かかるスキームは、それこそも修行を志す人への経歴ブランドになりえるし、店の乱立も防げるし、人件費も抑えられるしで、すごいビジネスモデルだと思う。

それから寿司の対比でコンサルタントの話になって、並みの人間がやったら20年かかることを1年でやりとげるからこそのマッキンゼーという話になる。故に、コンサルタントは在籍期間が長ければいいってもんじゃない。

 

 

自分としては、東池袋大勝軒山岸一雄氏と麺屋こうじグループの田代浩二氏の話に繋がる。
田代浩二氏は、あの有名な東池袋大勝軒で山岸氏に師事し、修行して独立をした。私はこの麺屋こうじグループを「ラーメン界のマッキンゼー」としきりに呼んでいる。麺処 ほん田中華蕎麦 とみ田麺屋 一燈などの有名大人気店(経営者)を数多く排出しているからだ。
更に、よくよく調べると、どうやら田代浩二氏は3ヶ月か6ヶ月しか修行していないようだ。たったそれだけの期間で自分のものにして、茨城の地元で店を開いてその後の快進撃や独立支援に繋がるわけである。このエピソードを知って、余計に「ラーメン界のマッキンゼー」を声高に広めていこうと思った次第だ。

 

少し疑問に感じるのは、この短い修行期間にも関わらず、長年に渡って強い師弟関係が構築されていることだ。
会社の屋号を大勝軒有限会社とし、会社概要・理念・目標に渡り"東池袋大勝軒会長 山岸一雄"のフィーチャーに終始、田代浩二氏自身の手がける店舗ののれんも大勝軒山岸一雄氏にこだわり続けている。また、妻に先立たれ子供のいない山岸一雄氏に高層マンションをプレゼントするなど、師弟関係以上の強い繋がりがある。

 

恩義や信頼関係に時間はあまり関係ないのかも知れない。濃さと深さ。このエピソードで田代浩二氏を好きになった。しかし、この修行期間と成功と山岸氏との距離はのれん騒動が起きるのも無理ないだろう、、、

ビジネス・フォー・パンクスは財務の大切さを語る、さほどパンクでない良書だった。

f:id:beerhole:20170402192403j:plain

クラフトビールの雄、BrewDog(ブリュードッグ)の創業者の著書BUSINESS FOR PUNKS(ビジネス・フォー・パンクス)を読んだ。帯には「人の話は聞くな。アドバイスは無視しろ」なんて書いてあるものだからパンク好きの経営者による、いわゆるパンクの名言の引用を交えて経営には思想や哲学や使命が重要~の類の内容を想定していたが実際は違った。

1章の起業論で心構えや考え方を語ると、2章はすぐに財務論になる。そして非常に多くのページを割いている。そう、いかにパンクがルールを破るものだとしても財務は重要で別だ。それから読み進んでいったときにクラウドファウンディングを利用したり、自社ウェブサイトで株を売って20億集めたりと、以前どこかで聞いた「スタートアップは資金調達と顧客獲得と情報発信とサービス開発を同時に行う」という話を思い出した。また、アル・ライズ氏「経営とはマーケティングそのものである」も思い浮かんだ。そしてマーケティング3.0をしっかり実践していいる。

つまりビジネスのバリューチェーンのすべてのフェーズで消費者と接点を持ったマーケティング活動を行っているので、起業する使命や意味づけが明確であれば、あとは財務が一番重要になるわけだ。

 

ジェームズワット氏はそれらを体現している。「ビジネス・フォー・パンクス」というタイトルや内容もマーケティングにしか過ぎないと思う。イギリスであり、反体制や挑戦者などのイメージ戦略としてのパンクだ。クラフトビールの特性と相性が良い。

スティーブ・ジョブズがボブ・デュランで反体制のイメージを作ったのと同じだ。

本書の中にも「~界のパンク」として様々な人の台詞が引用されているが実際の狭義のパンクの人はほとんど出てこない。おそらくジョニー・ラモーンとマルコム・マクラーレンくらい。ジェームズワット氏はビールと音楽大好きおじさんなんだろう。

 

もくじは以下のとおり

  • 1章 戦う自由人のための起業論
  • 2章 未来を見る反逆者のための財務論
  • 3章 迷える子羊のためのマーケティング
  • 4章 新時代の破滅的パンクのためのセールス論
  • 5章 野望に燃える海賊船長のためのチームビルディング
  • 6章 ひたむきな自由人のための時空論
  • 7章 パンク起業家の頭の中

 

ZOZOTOWNとニューヨークハードコアの話(音楽とビジネスと思想と哲学)

f:id:beerhole:20170128135450j:plain

3年くらい前の出来事。僕のいる会社に、スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)が就活の第一志望だったという男の子がいる。なので「社長の前澤 友作氏はバンドマンだったんだよね」って話をしたのだが、彼は知らなかったのだ。当時彼は24か25だったと思う。一回り近く年齢が違うので、自分たちの世代やライブハウス界隈のコミュニティでは当たり前の話が、案外知られていないもんだと思ってビックリした。

さて、自分もインディーズで数枚CDをリリースしている程度だがバンドをずっとやっていて、そして仕事も真剣にやっている。そんなわけで音楽も仕事も成功している人や、元々バンドマンでビジネスを成功させている人を同属性の最高峰として、とても尊敬している。以下、勝手に自分の中での3大・元バンドマンビジネスマンを紹介する。

株式会社スタートトゥデイ 前澤友作氏

前述の前澤氏。SWITCH STYLEというハードコアバンドでドラムを叩いていた。メジャーデビューして音源も何枚も出しているし熱狂的なファンもいたのでバンドも相当なもの、ビジネスにおいても言わずもがなのでダントツの1位。明言している記事は見たことないが、会社名のスタートトゥデイはニューヨークハードコアのGORILLA BISCUITSの曲またはアルバムのタイトル「Start Today」からだろう。2008年のGORILLA BISCUITS初来日では1夜限りの復活をしてO.Aしているくらいなので関係がない方がおかしいくらい。私もGORILLA BISCUITSのVo、Anthony“Civ”Civarelli が大好きなので2008年も2015年の来日も当然観に行った。前澤氏も2015年の来日にも遊びに来てたようだ。

バルミューダ株式会社 寺尾玄氏

ご存知グリーンファンやトースターで有名なバルミューダ。こちらの代表の寺尾玄氏はBeach Fightersというバンドをやっていたらしい。バンドはよく知らないが、プロダクトはデザインも機能も良く、イノベーティブで素晴らしいと思う。2011年の東日本大震災のあった夏がグリーンファンのキャズム越えだったように感じる。節電ということだけでなく、消費に対しての考え方が大きく変わってバルミューダのコンセプトに一気にマッチしたのだろう。

株式会社VASILY(ヴァシリー) 金山裕樹氏

男性には馴染みが薄いかもしれないが、iQON(アイコン)というアプリを運営している会社の代表。その前はYahoo!FASHION、X BRANDの立ち上げをしている。金山氏はPOPKILLというバンドを過去にやっていてFUJIROCKのRED MARQREEにも出演している。バンドも知らないが、この会社の技術力は評判だし、高い技術を持ったエンジニアをはじめてとして優秀な人材がたくさん集まっている印象がある。

 

彼らはパートは違うものの、皆バンマス(バンドにおけるリーダー的存在)だと思われる。そもそもバンドである程度有名になるには、華も求心力も、センスも哲学や思想も必要となる。経営者向きの資質が必要なんだと思う。現に自分の知人でメジャーデビューしているバンドがいくつかいるが、ビジネスをやらせても成功するんだろうな、という頭の良さ、マーケットを読むセンスを感じる。もっともバンドもビジネスに違いないのだが。それを自分は仕事をするまで気付けなかった。売れてる彼らは最初から気づいているのだ。

 

追伸:自分は工業高校出身なので、こちらでも同様に工業高校出身でビジネスを成功している人を勝手に同属性の最高峰として尊敬している。こっちはダントツにA.K.A ロードサイドのハイエナこと井戸実氏である。というわけでステーキハンバーグ&サラダバー けんに行ってきます。

三島由紀夫とエルメスのペーパーナイフ

f:id:beerhole:20170118153730j:plain

作家のおやつ / 平凡社」この本は、三島由紀夫開高健手塚治虫池波正太郎坂口安吾川端康成…31名の作家の人柄を、おやつを通じて紹介している。
三島由紀夫が甘いもの(下田にある日新堂菓子店のマドレーヌがお気に入り。食べてみたい、、、!)を食べるのも意外だったし、彼がエルメスのペーパーナイフを使っているのも意外だった。馬込の白亜の豪邸の書斎にあったそうだ。そしてこの情報はインターネットを検索しても出てこなかったのでブログを書くに至った。やっぱり紙の本(レトロニム)はネットメディアにはない発見がある。

f:id:beerhole:20170118153706j:plain

手塚治虫のお気に入りのおやつとして紹介されていたのが、明治の板チョコ。私も仕事の相棒は明治のチョコレートだからとても嬉しくなった。さっそく購入して仕事を進めてみた。しかしながら昔のパッケージの方がカッコよい、、クックパッドの検索窓は正直微妙だ。

ちなみに本書を初めて目にしたとき、田中圭一氏の「ペンと箸」を思い出した。こちらは有名漫画家のご子息・ご子女から好物を伺って一緒に食べるという企画。さらにその様子をその漫画家のタッチを引用して漫画にしたもの。作者の人となりの伝え方として、感情移入を最大化して伝えている。書き起こしてみると、ものすごいコンテンツだと思ってしまった。

r.gnavi.co.jp