読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beerhole’s blog

ウェブデザインを中心とした雑記。自分用のメモ。音楽と美味しいもの、ライフスタイルについても少々。

アメリカ人の感覚が大ざっぱな件について

日本経済新聞の記事を読んでいたら以下のことが書いてあった。
それを自分でまとめてみた。

日本人は小数点のつかない単位を1mmを基準にしているのにたいして
アメリカ人は1インチ(2.54センチ)を基準にしている。日本人にとっては2ミリでも
アメリカ人にとっては12分の1インチになる。視点、感じ方を変えるとこんなにも違う。

これはなるほど。
あとはどうでもいい話だった。

基本的には奥山清行さんという工業デザイナーの記事。
デザイナーは弱肉強食の世界、コンペでは「手数を出し」勝ち方を覚える
とのこと。

ライバルが3、4枚のデザイン画を出すなら自分は10枚以上のデザイン画を出す。
そして相手の反応を見極める。何かが顧客の感性に引っかかればしめたもの。選択肢が多いほどその確率は高い。相手が何を求めているかも自然に察知できるようになる。
もちろん手数を出すには人より何倍も速く、しかも何時間、仕事に打ち込む努力が欠かせない。普段どれだけ多く描いているかが勝負。相手の言葉、表情、服装、雰囲気すべてに神経を研ぎ澄ます訓練も必要。会議の場で誰がキーパーソンかを瞬時に読み取れる勘の良さも試される。

たしか原研哉さんや深澤直人さんは一つしか案を出さないとか。

どちらにせよウチの会社のスタイルでは実現は厳しい。

追伸:このひとちょーすごい。どうりでイタリアの風が吹いているわけだ。