読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

beerhole’s blog

ウェブデザインを中心とした雑記。自分用のメモ。音楽と美味しいもの、ライフスタイルについても少々。

Neue Grafik(ノイエグラフィーク)をご存知だろうか。

artless Inc.という制作会社のサイト。issei miyakeとかやってるとこ。
とにかくおしゃれ。日本に向けて発信していないサイトなのかな?

artless Inc.

この人達、絶対Neue Grafik(ノイエグラフィーク)に影響受けてる。
ジョゼフミュラーロックマンが絡んでるスイスのデザインの機関誌(1958年〜65年)。

英語、ドイツ語、フランス語の三言語で文字組してある。表紙やタイトルまでも。ボクも学生時代にこのカッコよさにやられました。このサイトを観て思い出し、ノイエグラフィークについて調べてみるとスイスタイポグラフィにはチューリッヒ派とバーゼル派の二流派があったのだとか。以下引用

  • -

それは一般化して言えば、いわゆるチューリヒ派とバーゼル派というスイス・タイポグラフィの二流派の対立点、対立軸の意味合いだった。小泉氏によれば、チューリヒ派の『ノイエ・グラフィーク(Neue Grafik)』はウルム造形大学の理念であり思想でもあった「グリッドシステム」を頑固に守る姿勢を見せる「グリッド至上主義」であり、対するバーゼル派の『TM』の表紙のレイアウトは、「あらかじめ決められたグリッドではなく、写真の図柄から生じる力線によって決められている」。そしてそのことの意味について小泉氏はこう述べる。

  • -

三上のブログ